サロンでの脱毛処置前は剃刀が必要

肌を傷つけてしまったり、赤みが発生してしまうとサロン部下の解釈で無事故の結果処置が受けられなくなってしまう。

そこで処置できるように肌を傷めないでシェービングしていくには、以下のようなシチュエーションが大切になる。

自分では思い切り見えないし、傷つけてしまいそうで己処理が苦しいVIOライン

デリケートなところであり、自分からはそれほど見えないのがVIOラインだ。脱毛サロンで申し込んだけれど、処置前の剃刀はほかのところよりも難易度が高くなります。

「この先、毎回本当に自分でしていただけるかな…」と心配になったりもしますね。

初めての処置前は毛量も数多く、VIOの剃刀の手法がつかめていないこともあります。
ただ、4回、5回とVIOの脱毛が進むと、毛量が収まり、少しずつ己処理もラクラクなる。

ビデオラインとIライン脱毛前の己処理

ビデオラインとIラインの己処理はOラインほど難しくありません。
ですが、最もデリケートなところですのでのほほんと時間をかけて行いましょう。

準備するものは、「手鏡」、「はさみ」、「電気シェーバー」の3業者だ。

はじめに電気シェーバーで剃りやすいように毛髪の長さをはさみで少なくしていきます。
手鏡で確認しながらビデオライン、Iライン互いに少なくしたら電気シェーバーで剃っていきます。
毛髪の流れに沿って後から配下へと行います。

中でもIラインは1本1本ていねいに処理やる腹積もりで剃っていきましょう。
最後に鏡を見ながら肌触りでチェックして剃り記しがなければ完遂だ。
剃刀の後は保湿剤を塗布して肌をアフターサービスください。
洗顔はどろあわわがおすすめですよ!